健康・美容業界の意識改革の必要性

2019/09/11

先日、友人のつながりのある常総市の【オートプロデュース べレッツァ】さんの社長 山口 直也 様にお忙しいところお時間を作って頂きお話を聞いてもらいに行ってきました。

山口さんは体にハンディキャップがありますが、そんなことまでやっちゃうの!と言うくらいすごい方です。

私は交通事故でハンディキャップを背負った弟がいます。弟もハンディキャップを背負いながら日々頑張って会社勤めをしていて自分の身内ですが尊敬しています。

健常者でも日々の車通勤片道1時間半、通勤渋滞、悪天候・・・きついですよね。つらい・大変だろう・・でも結局本人の本当のつらさ、大変さは本人しかわからない。でも、何か自分が出来る事は何かないか?明るさを失いかけている弟を元気づける事は出来ないかな?って思って山口さんの所へ!!

いろいろお話を聞いてもらい、山口さんのところのイベント参加のお誘いまで頂けました!すごく嬉しい、会いに行ってよかった!

弟のことだけではなく、ハンディキャップを持ってる方々が、体が痛い・エステがしたいからメンテナンスを受けたいと思っても何処にいけばいいのか?車椅子で行けるのか?対応はしてもらえるのか?などなど・・・・・・?

車椅子生活の方は、両腕で全てを支え、半身の方は左側だけ、右側だけで全身を支えています。健常者より疲れ・痛みは大きい!

なのにメンテナンスを受けたいと思っても行く場所がないっていうのはおかしい

だから、私に出来る事はハンディキャップのある方々のケアのお手伝いが出来れば!

その日、座った状態で自分で出来る肩凝り解消トリートメントを山口さんと少しやってみましたよ!

たくさんの方に知ってほしい!!素晴らしい【山口 直也】さん